YOAKE KANNON – 夜明け観音:原田佳奈の世界_2

スポンサーリンク
原田佳奈「夜明け観音」YOAKEKANNON- Goddess of the Dawn(part) ,2006 ⒸKANA HARADA, Photo by Makoto Takemura .Unauthorized reproduction prohibited.(無断転載禁止)カルチャー
※この記事は約 3 分で読めます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。日本でも新型コロナの流行だけでなく、大型台風や今までにない暑さといろいろ聞こえてくるので、いつも日本の皆様のことが心にあります

■タイトル:YOAKE KANNON – Goddess of the Dawn 夜明け観音
■製作年:2006年
■サイズ:275cm x 82cm x 82cm 〜275cm x 315cm x 315cm
■素材:foam sheet and mixed media
■所蔵:courtesy of Kana Harada and Talley Dunn Gallery
■画像クレジット:ⒸKANA HARADA, Photo by Makoto Takemura

2004年前後の数年間、体調を崩しまったく起き上がれない日々が続きました。それがようやく回復してきた2006年の製作。

友人夫婦が「原田佳奈のために」と企画してくれた、ここテキサス州ダラスにある画廊でのグループ展で、目玉になるようにと寝たり起きたりを繰り返しながら、1年かけて作った作品です。

長い夜が明けるように、少しづつ元気を取り戻す事ができたその体験は、私にとってある種の”夜明け”でした。その喜びと感謝、いただき直した命とすべての命に祝福を込めて作った作品です。

この作品は、それまで作っていた鳥かごシリーズのひとつなので、中央の本体部分は「鳥かご」のイメージですが、それは無限に自由に光り輝く、夜明け観音の魂の出入り自由な”玉座”とでも言いましょうか。

原田佳奈「夜明け観音」YOAKEKANNON- Goddess of the Dawn(part) ,2006 ⒸKANA HARADA, Photo by Makoto Takemura .Unauthorized reproduction prohibited.(無断転載禁止)

 

子供のように新鮮な遊び心でいっぱいなブランコが、その御心/魂の座です。本体から八方に腕を伸ばす八つの光の玉。これもそれぞれ違うブランコ/魂の座がいつも楽しそうに揺れています。

 

「夜明け観音」原田佳奈 YOAKE KANNON - Goddess of the Dawn ⒸKANA HARADA, Photo by Makoto Takemura .Unauthorized reproduction prohibited.(無断転載禁止)

広げると3メートルを超える大きな作品ではありますが、パーツ毎に取り外し可能で、全体合わせても重さは2kg以下。

 

すべてを包み、見守り、進化させ、自立させ、「闇は深ければ深いほど、暁は近い」と励まし、幸せである事に気が付かせてくれる夜明け観音が、私は大好きです。

「夜明け観音」原田佳奈 YOAKE KANNON - Goddess of the Dawn ⒸKANA HARADA, Photo by Makoto Takemura .Unauthorized reproduction prohibited.(無断転載禁止)

 

★紹介しきれなかった画像は、エイルナビinstagramで!

アメリカで活躍する女性造形作家・原田佳奈のライフスタイル
テキサス州ダラス在住の日本人アーチティスト・原田佳奈。水彩画とフォームシートを使った立体作品で、アメリカ各地の美術館で個展を開催。ハサミひとつ、筆1本で独特の世界を作り出す彼女のライフスタイルを同級生の編集長がインタビューしました
カルチャー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
原田佳奈

1962年東京都生まれ。水彩画、造形作家。子供時代の数年をニューヨークのロングアイランドで過ごす。帰国後高校時代夜学でデッサン等を叩き込まれ、現在テキサス州ダラスにて水彩画や立体作品を作り続けている。寅年B型双子座。

原田佳奈をフォローする
エイルナビ