1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. セルフかプロか?大切なアクセサリーに最適な修理法の選び方

セルフかプロか?大切なアクセサリーに最適な修理法の選び方

ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。 99 Views

大切なアクセサリーが壊れたとき、あなたはどうしますか?

高価な物だけでなく、安くても思い出のある物なら修理して使いたいですよね。

最近は修理店もさまざまな修理依頼ができるようになりました。

自分で修理するセルフリペアの注意点も含め、アクセサリーの修理方法を紹介します。

Sponsored Link

1.アクセサリーのセルフリペア

セルフリペアがオススメのアクセサリーは、比較的安価な物や自分で作ったアクセサリーです。

ただし、素人が修理できる部分は限られています。

「直すつもりが使い物にならなくなった」

なんて悲しいことにならないように、よく確認しましょう。

1-1セルフリペアの注意点

アクセサリーが破損したときに、修理をしても上手くいかないことがあります。

いくつかのポイントを心がけておくと、そのような事態になることを防げます。

はじめにアクセサリーの壊れやすい箇所をチェックしておきましょう。

修理をするときは、多かれ少なかれアクセサリーに負担をかけます。

その負担が耐久度を超えてしまうと、新たな破損を招くことになるのです。

具体的に、たとえば輪っかの部分は、すでに曲がっている所をペンチなどで曲げ直すと折れる場合があります。

新しいパーツと交換する必要があるか、またどんな素材のパーツが合うかなど、わからないときはパーツ屋さんに持って行って相談しましょう。

1-2.チェーンの修理の見極め

ネックレスを自分で修理する場合、強引に直そうとして、チェーンを切ってしまうことが多いようです。

チェーン自体を修理するのは難しく、自分で修復できる部分は留め具の部分

ペンダントトップでは、外れた金具やパーツを貼りつけることはできます。

比較的簡単に直せる留め具でも、意匠の凝ったタイプは難易度が高いので諦めるのが賢明です。

特にパールネックレスなどに使われている留め具は、意匠の凝ったタイプが多いので気を付けてください。

1-3.接着剤を選ぶ

アクセサリーで取れたパーツを貼りつけるときに大事なのは、接着剤を正しく選ぶことです。

選び方のポイントを紹介します。

★接着剤の特徴と向いている素材

【固まる前:液状】

× フェルトや布などの素材→染みこんでしまうので、粘着力が落ちます。

硬い素材→表面に薄く伸ばせるという特徴が大きなメリットになるでしょう。

欠けたパーツなどを隙間なく付けたい場合に重宝します。

【固まる前:粘性が高い(ゼリー状)】

垂れないというメリットを活かすことが大切です。

表面が滑らかでなく傾斜があるものでも、焦らずに塗れる。

染み込みやすい布などであっても接着しやすい場合が多いです。

★固まってから弾力がある

固まってからある程度の弾力がある接着剤は、強い衝撃が加わった場合でも負荷を吸収するメリットがあります。

隙間なく固定する部分には向きませんが、ヒビが入りやすい素材や、目的によっては有効です。

★接着剤の硬化にかかる時間の長さ

どんなにしっかり接着しても、すぐに使いたいアクセサリーに時間のかかる接着剤は使えません。

瞬間接着剤は素材などによって使えなかったり、失敗する可能性もあります。

接着度や使う素材のほかに、硬化にかかる時間もチェックしておきましょう。

2.プロに頼むアクセサリーの修理

ブランド物のアクセサリーや宝石を使っている物、高価でなくても思い出のあるアクセサリーなら、失敗のないプロに頼むのが基本です。

プロと言っても、値段が高くても確実なブランド修理から、安価な専門店までさまざまなプロフェッショナルがいます。

プロに頼むことを考えるなら、

・保証書が付いている場合は保存しておく

・保証書がない場合は、購入店と日時を控えておく

の2点は守りましょう。

2-1.ブランド修理

ブランドアクセサリーの修理は、そのブランドに持ち込むのがベストです。

その理由は、正規の部品が揃っていることや、メインテナンスもきちんと行われるからです。

デメリットは、比較的高価なこと。まずは見積もりを出してもらった上で判断しましょう。

2-2.作家修理

作家もののアクセサリーは、作った人が直してくれる場合が多いです。

購入の際に、連絡先を保存しておきましょう。

中には部品代しか請求しない方もいらっしゃるので、とりあえず相談してみること。

修理をきっかけに、リフォームをお願いしても良いですね。

2-3.販売店修理

最近は独自に保証書を発行してくれるアクセサリーショップが増えました。念のため、保証書は取っておきましょう。

保証書がなくても、まずは相談。そのお店の商品がよくわかっている修理店を紹介してくれることが多いです。

作家もので、作家の連絡先がわからない場合も、購入店で対応してくれます。

2-4.ジュエリーリフォーム店修理

ジュエリーリフォーム専門店は、ほぼブランドと同レベルの修理が可能です。

しかし、リフォーム専門店はブランドの正規品と同じ部品は扱っていないので、修理と言っても、結果として若干のリフォームになります。

高価なりに質の良い部品が揃っていたり、腕の良い職人さんやデザイナーがいるので、古くて高価なアクセサリーの修理やリフォームに活用できます。

宝石のアクセサリーなどが家にあるなら、直して使えるようにした方が、購入するよりお得な場合が多くオススメです。

こちらのように、デパートに入っている店が活用しやすいですね。

ジュエリーリフォームオーダーフォーム専門店「カデンシア」

2-5.オンライン修理店

最近は、インターネット上でもアクセサリー修理店が増えてきました。

メリットは、

・ブランドやリフォーム店と比べ、価格が安い。

・宅配で発送受け取りができるので、出かけなくて良い。

・条件が合えば1週間以内の返却も可能

などいろいろあり、チェーンが切れたような簡単な修理なら、活用しない手はありません。

また、お店それぞれにさまざまサービスを用意しています。

KELLCH ケルヒ・ジュエリーリペア
郵送宅配修理専門店で、自分で発送する基本料金1000円コース(税込1,080円)と宅配キットを送ってもらう基本料金2000円コース(税込2,160円)があります。

アクセサリーが届いたら、お店が修理の可否、追加料金を確認。

追加料金が必要になる場合は見積もりを出してくれるので、その金額を見てキャンセルも可能です。

アクセサリー修理 First Hawk
レーザー溶接による1000円(税込1,080円)修理は、金・銀・プラチナ限定です。

特にティファニーなどのシルバーアクセが得意のお店で、追加のメッキ処理で新品同様になります。

見積もり対応しています。

ジュエリーリフォーム夢工芸
チェーン切れ修理は1500円(税込1,6200円)。

追加料金で部品を選べるので、使いやすくリフォームできます。

リングのサイズ直しも人気です。見積もり対応しています。

3.まとめ

アクセサリーの修理は、自分でできることから、プロに頼むものなどさまざま。

プロでも、価格のバリエーションが多く、自分なりの価値観で選べるのが良いですね。

家で眠っているアクセサリーを見直して、修理やリフォームでまた楽しんでみませんか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

エイルナビ|40代から50代の女性ためのライフスタイルナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エイルナビ|40代から50代の女性ためのライフスタイルナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

スタッフ紹介 スタッフ一覧

エイルナビ編集部

エイルナビ編集部

編集長・瀬津とスタッフで、読者のお役立ち情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • オンワードファミリーセール☆2018年冬

  • 40代女性から若い女性へのオススメの記念日ギフト

  • セルフかプロか?大切なアクセサリーに最適な修理法の選び方

  • オンワードファミリーセール★2018年秋

関連記事

  • メルカリはNG? 40代女性のための、損をしない着物買取ガイド

  • 高価買取も期待できる?ルビーアクセサリーの人気の理由

  • 肩の痛みに、オフィスでできる3分間肩甲骨はがしストレッチ

  • オンワードファミリーセール☆2018年冬

  • 立ったまま靴下履ける? 40代からのロコモ予防◆3分トレーニング【動画つき】

  • 更年期障害対策にもなる、40過ぎたら女性が持ちたい“かかりつけ・行きつけ”7選