1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 犬のアクセサリーと服・そのメリットとオススメ入手法

犬のアクセサリーと服・そのメリットとオススメ入手法

 2018/08/20 ライフスタイル
この記事は約 5 分で読めます。 70 Views

こんにちは、エイルナビ編集部の田中です。

今や犬は家族同然であり、服やアクセサリーを身につけた愛犬をインスタグラムなどに載せている方は、珍しくありません。

散歩のときにも、服を着た犬をよく見かけるようになりました。

犬のアクセサリーと服、それぞれのメリットとオススメのグッズやショップを紹介します。

Sponsored Link

1.犬に必要なアクセサリーとは?

本来、愛犬の行動を妨げるようなアクセサリーはない方がよいのですが、必要なアクセサリーもあります。

それはネームタグ、いわゆる迷子札ですね。

マイクロチップ埋め込みの手術をしていない愛犬なら、いつ迷子になるかわかりませんから、つけておくことオススメします。

ネームタグは、大きく分けてプレートタイプ首輪タイプがあります。

ちなみにプレートタイプのネームタグでAmazon一番人気がこちら


愛犬用オリジナル迷子札オーダーメイドのサークルミニone

首輪タイプは、こちらが人気あるようです。


LeafIn 犬 首輪 迷子札 革製 レーザー彫刻 ドッグタグ 

2.犬に服が必要な理由

昔に比べ、ペットの状況は大きく変化しています。

私が幼い頃は、愛犬には食事の残り物を食べさせておけばいいというお宅も多かったように思いますが、人間の食べ物がすべて犬に合うわけではないことがわかり、今はペットフードが最適です。

同様に、服を着せるなんて飼い主の趣味だ、と思われていたのが、必要な場合があることもわかってきました。

その理由としては、

1)小型犬の流行や新しい犬種の登場
2)犬の高齢化、健康対策
3)犬の社会進出

2-1.小型犬の流行や新しい犬種の登場

小型犬や新しい犬種には、抵抗力が弱い種類が多いです。そのため、体温調節の目的で服を着せることがあります。

また時期によっては、蚊を媒体とする病気、フィラリアの予防にも有効です。

2-2.犬の高齢化、健康対策

「ペット保険の選び方・知っておくべきチェックポイント」でも紹介したように、近年は愛犬にも高齢化の波が押し寄せてきました。

高齢になると、介護でおむつが必要になる場合が増えます。

高齢だけでなくても、手術後の回復期専用服、皮膚保護など、弱った愛犬を守る服があるのです。

2-3.犬の社会進出

社会進出とは少し大げさかもしれませんが、昔に比べて、飼い主がペットを連れて交流する場が増えています。

外出時に服を着せておくには、次のようなメリットがあります。

ドッグラン→愛犬をすぐに見つけることができる

カフェなど→愛犬の抜け毛や、粗相を防ぐ。

カフェなどの公共の場では、マナーとして服を着せる必要があるのですね。

3.犬のアクセサリーと服の入手法

3-1.犬のアクセサリーを手作りする

犬の手作りアクセサリーは、ネットで検索すれば作り方が多く紹介されています。

ただ手作りは、気付かないところでトラブルが起きる場合があるので、注意が必要です。

・ビーズなどを愛犬が誤って飲み込む
・きちんと結んでなかったスリングや首輪が絡まり、愛犬の首が絞まる。
・チャームの金具の一部がとがったままで、愛犬の皮膚を傷つける……など。

3-2.犬の服を手作りする

同じ手作りでも、愛犬にぴったりな服を作れる手作りはオススメです。

最近は流行もあり、犬の服の型紙や作り方を紹介した本も多く出版されています。

また、犬の服の型紙なら、ネットで検索して無料でダウンロード出来るページもあるので、手先が器用な人はトライしてみてください。

3-3.犬のアクセサリーや服を購入する

私が見て回って、良かったオンラインショップを紹介します。

★iDog&iCat
カテゴリページ(プチプラセール)
犬の服のバリエーション、プチプラなどが魅力。フィラリア予防に、虫よけ効果のある服もあります。

マーキング防止のためのマナーバンド(腰の部分のみのバンドで、パッドを入れて使う)は、付け外しが簡単でアイデアが秀逸だなと思いました。

ほとんどの商品を富山の自社工場で製作しているところも安心です。

iDog&iCatお洒落で可愛いプチプラウェア¥1080〜

★犬猫の服full of vigor(フルオブビガー)
ドッグカフェ、生理時の必需品のマナーパンツ、サニタリーパンツ、エチケットパンツがウェアと合体した「ズレない!漏れない!ウェア型エチケットパンツ」です。ウェア型マナーパンツはヘルニアになってしまったわんちゃんの介護用パンツとしても大活躍です!
vigorの意味は生命力。店名は“元気いっぱい”という意味です。

動物病院と共同開発した、術後や皮膚保護のためのオリジナル商品・エリザベスウェアや、オシャレな介護服が特徴。

スリングなどのグッズもオリジナルデザインで、犬に優しい商品が揃っています。

汚れていないなどの条件はありますが、試着して返品できるサービスがありのも有り難いですね。

ドッグカフェのマナー必需品なら犬の服 full of vigor

4.まとめ

50代の私から見ると、犬にアクセサリーや服??と、最初は疑問視をしていたのですが、調べて見たら、特に服は犬にとっても有効であることがわかりました。

マナーウェアなどを使うことで、ペットと外出するハードルも下がるので、一緒にいろいろ楽しんでみたいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

エイルナビ|40代から50代の女性ためのライフスタイルナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エイルナビ|40代から50代の女性ためのライフスタイルナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

スタッフ紹介 スタッフ一覧

エイルナビ編集部

エイルナビ編集部

編集長・瀬津とスタッフで、読者のお役立ち情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 40代女性から若い女性へのオススメの記念日ギフト

  • セルフかプロか?大切なアクセサリーに最適な修理法の選び方

  • オンワードファミリーセール★2018年秋

  • 犬のアクセサリーと服・そのメリットとオススメ入手法

関連記事

  • ペット保険の選び方・知っておくべきチェックポイント