1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 50代女性のためのお金の話・1◆初心者のための資産運用

50代女性のためのお金の話・1◆初心者のための資産運用

ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。 733 Views

50代になると気になるのはお金のこと。病気や事故という突発的なトラブルに加え、親の介護や定年後の生活など現実的に考えなければならない問題も出てきて、不安を感じている人も多いでしょう。

問題がクリアしたら、少しでも豊かな老後を送りたい。それは、既婚か未婚、子供のあるなしに関わらず、すべての女性の願いといえます。

不安を減らし願いを叶えるために、自分の資産をあらためて把握し、お金との付き合い方を知っておくことが大切です。

初心者女性のための資産運用のガイドとして、ファンナンシャルプランナーの株式会社マネコン代表取締役・中村幸平さんからお話を伺いました。

マネコン中村さま

株式会社マネコン代表取締役・中村幸平氏

お金(マネー)に関して、“相談に乗り(コンサル)、方向を指し示し(コンパス)、連れ添い共に歩む(コンダクト)“、株式会社マネコン代表取締役社長。
コンサル対象者は、一般家庭、キャリアウーマン、経営者、資産家など幅広い。生命保険業界で日本一の業績を出した後、約3年間の海外生活により国内外の投資情報を深く広く網羅。その経験をもとに、今までに1000人以上の資産相談を受けている。
(インタビュー:黒田ゆき)

 

Sponsored Link

1.資産運用って、誰でも必要ですか?

ーー資産運用と聞くと、どこかの資産家やお金持ちだけの話と感じますが、誰にでも必要なことなのでしょうか?

「資産運用という言葉を聞くと、確かに資産家やお金持ちの話と思う方が多いですね。でも資産運用は想像以上に身近で、あなたにとっても必要なことなんですよ」

1-1.資産運用とは

資産運用とは、一言で言えば“お金を守ることと、お金を増やすこと”。お金を増やすことはイメージしやすいですが、お金を守ることも資産運用であることを意識されている方は少ないでしょう。

紛失や盗難のリスクを避けるために銀行預金を利用する。いざという時のために生命保険に入っておく。いずれもあなたの大切な資産を守る行為です。

つまり、銀行預金も生命保険も資産運用。“資産運用なんて、私はまだまだ…”そう思っていたあなたも、既に資産運用はしているのです」

ーー「お金を守る」ことが資産運用になるとは気づきませんでした。確かに、預金や保険はほとんどの方が持っていますね。

「資産運用がお金やあなたの生活を守る行為である以上、資産運用は誰にとっても必要です。既に資産がある人なら、資産を守る“資産保全”を、資産がない人なら資産を作る“資産形成”をしていきます

ーー“資産を守ること”と“資産を作ること”。専門用語と思うと難しく感じましたが、意味はあたりまえのことなんですね。

「そうです。女性の方は言葉が難しいと感じると、そこで思考を停めてしまう場合がありますが、まず専門用語に慣れていくことも大事ですよ」

1-2.資産運用の目的

ーー資産運用は誰にでも必要なことはわかりましたけれど、実際にお金を運用することを考えると、やっぱり不安を感じます。

「不安は誰でも感じます。実際、資産運用をお金だけの問題と捉えてしまうと、失敗してしまうこともあります

大事なことは、資産運用の目的はあくまでも、あなたの人生を豊かにすることです

そのために、これからの人生をどうしていきたいのか、何をしたいのか。まずご自身のライフビジョン(人生設計)を決めることが資産運用の第一歩です。

アクシデントに対応出来る余裕を持ちながら、現在の生活を維持したい。或いはリタイヤ後に海外生活をしたい……など、具体的なイメージを持つことです。

ライフビジョンに応じて必要額が見え、必要額に応じて資産運用の手段や戦略を立てていく、その基本を知らずに、安易な話に乗って失敗する人が多いのです」

ーー将来の不安はよく聞きますが、どういう将来を送りたいかを具体的に考えることは、確かにあまりないですね。

「私は、これまで1,000人以上の資産運用の相談を伺ってきましたが、資産の有無や資産額の大小に関わらず、ほぼ全ての人がお金に対する不安を持っていらっしゃいます

今のお金の使い方は正しいのだろうか、将来的に生活できるのだろうか。家のローンは?教育資金は?老後は?相続は?会社の運転資金は?

たとえ、大きな額のお金が手に入っても、不安は簡単に解消されません。なぜなら、現状を認識して、不安解消に必要な額を明確に把握していないからです。

それに対して、ライフビジョンに沿ってその時々で必要な金額を把握し、ある程度のリスクも考えながら計画を立てていれば余計な不安は要りません

このように、お金に対する不安を払拭する方法やお金との付き合い方を自分で決められるようになることを“ファイナンシャルリテラシー(お金のリテラシー)をつける”と言います。

ーーリテラシーって最近よく聞く言葉ですが、“理解力”とか“活用する力”という意味ですよね。

「そうです。お金を理解し、活用する力であるファイナンシャルリテラシーをつけれられると、人生がより豊かになります。その第一歩が、資産運用なのです」

ーーなるほど、確かにお金の不安の理由って、内容が理解できていなかったり、どう活用していいかわからないことであったりします。そのために必要なのがファイナンシャルリテラシーなんですね。

1-3.資産運用と投資、投機の違い

「資産運用を進める上で一つ理解しておきたいことがあります。これも知っておくべき用語なので、ご説明していいですか?」

ーーはい、お願いします!

「“資産運用”と“投資”、“投機”の違いです。実際のところ、資産運用と投資は明確な線引きが難しい部分もありますが、投機は“資産運用=お金を守ること、お金を増やすこと”の原則からもっとも遠い存在と言えます。

投機は、運任せで短期的にお金を増やそうとする行為です。運任せとは、自分でリスクコントロールができないこと。競馬や宝くじ、パチンコなど、いわゆるギャンブルが投機にあたります。

資産運用や投資は、リスクを可能な限りコントロールして資産を増やそうとする行為です。ただし投資は、資産運用に比べると攻めの要素が強く、“お金を守ること”よりも、 “お金を増やすこと”に重きが置かれます。

たとえば、ある企業の株式を購入するとします(“株式投資”と言います)。

この時、より倒産リスクが低い企業を選択し、数年から数十年株式を持ち続けてその間配当金をもらいながら、企業が成長して株式自体の価値が上がるのもじっくり待とう、というスタンスが資産運用です。

同じ株式購入でも、短期的な値上がりを狙って成長著しい新興企業の株式を購入し、その売却益で利益を得ようとするのは投資です。

このように株式投資という行為一つとっても、資産運用として運用するか、投資して運用するかの違いが出てきます。

どちらかを選択することは自由ですが、その部分があいまいになって、運用にブレが出てくると失敗する可能性が高くなるので注意しましょう

>>>2.資産運用の方法と選び方

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

エイルナビ|40代から50代の女性ためのライフスタイルナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エイルナビ|40代から50代の女性ためのライフスタイルナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

黒田 ゆき

黒田 ゆき

健康運動指導士兼Webライター。ライティングスクール運営。医療系営業職を経て、Webライター業で独立。陸上競技経験や健康スポーツ系学部卒業、健康運動指導士という資格を活かした健康系の記事執筆が得意です♪


この人が書いた記事  記事一覧

  • 健康運動指導士がオススメするグリーンリラックス◆その効果と方法

  • 朝1分でカラダが目覚める、ダイナミックストレッチとは。その方法と効果

  • 50代女性のためのお金の話・1◆初心者のための資産運用

  • 50代女性のためのお金の話・3◆ファイナンシャルプランナーの役割と選び方