マンマ・ミーア2で号泣:編集長ブログ_7

スポンサーリンク
ライフスタイル
※この記事は約 < 1

安田さんの「エイルお取り寄せ1」はご覧いただきました?
宝箱のように綺麗なパッケージと、独特な素材が魅力的なクッキー♡
こんなのいただいたら、嬉しいですよね。

毎月安田さんチョイスのさまざまなオススメお取り寄せを紹介しますね。来月は辛いもの(料理系)の予定です。


さて、先週末に九州に戻り、昨日は安田さんとのZOOMミーティング。楽しいながら、久々に人とまともに話して、頭も使ったのでぐったり疲れて、家で軽いもの観よう……ということでタイトルに話が繋がります。

ABBA……がっつりリアルタイムファンでした。全曲、ABBAオンリーのミュージカル「マンマ・ミーア」はブロードウェイでも観ています。

英語で観ていてもわかるぐらいシンプルなストーリーなので、どちらかと言うと懐かしい音楽を聴くのがメイン。

2018年に続編の「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」が公開されたときも、映画館で観るほどでもないな……と思っていました。(ただ、LiLiCoさん2作目を激賞していた、うっすらとした記憶があります)

先月たまたまWOWOWで放映を知り録画してあったので、気楽に観るつもりで再生ししました。

なんの情報もなかったので、ご飯食べたり、歌ったりしながら観ていたのですが、シェールおばあちゃんが来たあたりから(え?え?)となって、ラストの曲(あれはズルい。当時聞いたときABBAの賛美歌だと思ってた曲)で大号泣。カーテンコールも泣けて、泣けてたまりませんでした。

ハッピーなストーリーなのに、これはやっぱり思い出効果なのでしょうか。実際、1も2もABBAの曲は全部サビを覚えてたし(20代の記憶恐るべし)

ABBAの武道館ライブ行ったなあ。終わってから女友達と感動のあまり3駅ぐらい歩いて帰ったな……とか、

ブロードウェイの舞台は、母のNYの親友が「娘と行ったら最高よ!」と取れないチケットを取ってくれて、母と二人でずっと踊ってたなあ……とか

懐かしい音楽って、記憶が繋がっているものですね。

それと、泣くのってストレス解消します!

 

※ブロードウェイのパンフレット見つからなかった……ので、こんな画像になりました

ライフスタイル
スポンサーリンク
この記事を書いた人
瀬津 由紀子

1963年東京生まれ。家業である古美術商・瀬津雅陶堂を手伝う傍ら、フリーライターとして活動。講談社、世界文化社の婦人誌を中心にインタビュー、アート、旅行などの取材、ライティングを行う。
2000年より株式会社オフィス・アイシス代表取締役。「エイルナビ」編集長

瀬津 由紀子をフォローする
エイルナビ