エイルナビとは

エイルナビ_ロゴ

はじめまして、
エイルナビ編集長の瀬津由紀子です。

女性の40代から50代は、折り返し地点。
子育てが一段落していたり、また、仕事でもある程度の立場ができていたり。

もちろん、現役でバリバリやっている方も多くいらっしゃいますが、体調やメンタルの面では、30代までと違うことを実感されている方が多いのではないでしょうか?

疲れがたまりやすい年頃です。

私自身、40代半ばを過ぎてから母の介護を体験し、自分自身にもいくつか病名がついてしまいました。身体が思う通り動かず、仕事も休むことが増えた不安さ、疲れすぎて眠れない夜、痛みとこわばりで一日でもっとも辛い朝起きの時間……。そんな状況を変えたくて、主治医の指示に従いながら、インターネットでも情報を探しました。その中で、同じような悩みを抱えた同世代の女性が多いことを知ったのです。

自分と同世代の不調を乗り越えるため、好奇心に任せてさまざまな方法を試しました。

そして、疲れを癒すには、二つの方向性があることに気付いたのです。

一つは、治療やマッサージ、あるいはエステなどの受け身の癒し

もう一つは、趣味や興味に従って、スポーツや旅行や観劇のように自ら行動する中で感じる癒し

私は公私認めるオタク気質なので、医師やトレーナーなどプロの手を借りながら、自分で見つけた情報を試したり、集めた情報で趣味に没頭することで、心身ともに癒されました。

さまざま情報に触れ、試して、自分が楽しく感じるものを選ぶ目を養うことの大切さを実感したのです。

情報は、ただ知るだけでは自分が振り回されることもあります。しかし、それが行動に繋がれば、自分の視野を広げてくれる。新しい視野を持てば、今、辛いことも楽しむ余裕ができるのです。

 

エイルナビの“エイル”とは、北欧の医学の女神の名前です。そこから、癒しのナビゲートをするサイトになりたいと、この名前をつけました。

エイルナビの目指す癒やしは、“少し疲れていても、明日が楽しみに思える”こと。まずは、そこから始めましょう。

そのためにお届けする記事は、

○みずから行動している人にお話を伺って、実体験から生まれる、パワーを持った言葉をお伝えします。

○リサーチ、取材、体験と、時間をかけてできるだけ誠実な記事をお届けします。

エイルナビの記事がきっかけになって、あなたがちょっと豊かな明日を迎えられたら嬉しいです。

共に、すこやかで楽しい人生の後半戦を楽しみましょう!

 

編集長:瀬津由紀子

1963年東京生まれ。聖心女子大学卒業。
家業である古美術商・瀬津雅陶堂を手伝う傍ら、フリーライターとして活動。講談社、世界文化社の婦人誌を中心にインタビュー、アート、旅行などの取材、ライティングを行う。
2000年より株式会社オフィス・アイシス代表取締役。
2001年「WEBマガジン・アイシス」(〜2007年)、生活雑貨オンラインショップ「アイシス・テーブル」運営。
2005年「アイシス・テーブル」を台湾茶専門オンラインショップに特化し、「アイシス茶樂館」に店名変更。(〜2016年)
2017年 情報メディア「エイルナビ」運営開始。